モンゴル

奴隷制度で経済発展した中国に加担したと名指しされた日本企業がいますべきこと

「歴史を欺くものは歴史に復讐される」が現実になる兆候 「歴史を欺くものは歴史に復讐される」。今年の1月のこのブログでそう書いたのだが、昨今の世界情勢をみると、その胎動が見られる。その際たるのが中国共産 …

© 2021 明日を読む