不正請求

YAHOO、SOFTBANKの「不誠実な真実(?)」。騙しと言われかねないビジネスモデル

死者から手続きが来るはずもないのに 以前、私の事務所に出入りされていた年配のご婦人(当時80歳くらいだと思いますが)が、亡くなったご主人名義でずっと請求書が届くので、どうしたらよいのでしょうかと相談を …

© 2021 明日を読む