「明日の読み方」 一覧

「生涯重労働就労の時代」。これからの定年退職者の進むべきは「新しい起業」

S・T・Cにしがみつくしかない“新定年退職者” 「務めていた会社で再雇用となったが、仕事も時間もきつくなったのに収入は三分の一になった」 「中堅企業の部長職で30人を動かしていたのに、退職後の就活では …

「再出発人生サポート・サービス」のご案内と、定年退職前後を題材とした「明日を読む」の記事をご紹介いたします

2019/11/19    , ,

レライアンスでは、10月から「再出発人生サポート・サービス」をスタートさせ、それまでは、直接面談方式で行ってきたものを、スカイプやZOOM、メール、LINEでの対応も可能にしました。 「再出発人生サポ …

【定年退職をして始めて知る あなた自身の姿】来るべきその時のために知っておきたい5つの現実

2019/10/19    , ,

来るべき定年退職後の現実を知る 「自分の姿を見ることはできない。できるのは鏡に映った姿をみるだけだ」と言う言葉があります。私たちは日常の生活の中で、常に何かに守られていると信じています。多くの方にとっ …

「明日を読む」で読まれている上位10記事(10月13日現在)をご紹介します

2019/11/18    

「明日を読む」では政治から趣味、健康まで幅広い記事を掲載しています。ここでは、過去90日間(10月13日現在)のページビュー数の高い順に10記事をご紹介します。  

“やはりあったか”。国民が幻滅した、大手電力会社と原発誘致先との金銭的癒着体質と、和歌山市民図書館建設に見る、「政治・官僚・民間」の官僚利権の実態

繰り返される国民の幻滅感 予てから国民は日本では法律は建前であって、裏では政治や財界の力の方が社会を牛耳っているのだと感じていたのが、民主党政権下で、当時の鳩山首相がどちらに転んでも犯罪となるような状 …

「大統領の通知表」トランプ大統領が、5年後には高い評価を受けると考える3つの理由

トランプ大統領へ浴びせられる罵詈雑言。その真実は?   トランプ大統領が就任して2年を越えましたが、まあよくもこれだけの“疑惑”や“暴言”“醜聞”が続いていると変に関心します。しかもそれらメ …

Copyright© 明日を読む , 2020 All Rights Reserved.