「明日の読み方」 一覧

「AIでなくなる仕事、なくならない仕事」の考え方

新下流層とマックジョブ ネットや雑誌などでは、この話題が上らない日はありません。この変化に先立って、この10年で世界中で富の格差が一気に広がりました。且つては世界はITの進化によって、2020年以降は …

いつまで続く?どこまで広がる?大手企業のモラルの崩壊が止まらない

日産の前CEOのカルロス・ゴーン氏の不正疑惑を告発したとされる現日産社長の西川氏が、今度はSAR(株価連動型インセンティブ受領権)を悪用して多額の報酬を得た疑惑で辞意を表明しているといいます。SARは …

政治・外交戦略に悪用される観光リスクもある。充分な知恵を持ったインバウンド対策を

観光公害?京都などの観光都市のオーバーツーリズム(観光過剰)に対策はあるか 2003年に当時の小泉内閣が“観光立国”を宣言してから15年ほどで3,000万人を越え、観光客数で今年はトップ10入りを果た …

“中国人観光客の渡航申請の電子化”と“トム・クルーズの新作トップガン2のテンセントピクチャーズ問題”から見る、日本の対中インバウンド戦略の甘さ 

先頃、日本の外務省は2020年4月から香港を除いた7つの在中国公館で、中国人観光客に発行する査証(ビザ)の申請をオンラインで受け付け、同時に電子ビザを導入する予定と発表しました。同措置は時期をみても東 …

韓国の暴走外交 日本としての正しい対応の基本的考え方

「加害者の日本が盗っ人猛々しく、逆に大声を上げるのを決して座視しない。韓国経済に被害を加えるなら、真っ向対応する方法がある。日本も大被害を甘受せねばならない」 「日本の措置への国際世論の反発が広まれば …

繰り返される原発事故 人類に原子力発電をする資格はあるか

1、くすぶり続ける“FUKUSHIMA”。世界は日本を見ている 福島原発事故の2011年から8年を経た今でも、海外では日本からの農水産物輸入について安全証明や停止措置が求められています。これは韓国が日 …

Copyright© 明日を読む , 2020 All Rights Reserved.