韓国で次々起こる原発の重大事故。東日本だけじゃない。西日本にも原発事故の深刻な影響?

更新日:

私たち、特に日本人は、社会機能というのは正確無比に稼働し、国民はそれに守られていると信じて疑いませんが、この認識ははっきり言って現実とはかけ離れています。残念ながら日本人は特に戦後、本当に情報に疎くなり、且つナイチンゲール症候群(現実を逃避して危機を考えない事で安心すること)に陥ってしまった感があります。”のど元過ぎれば暑さ忘れる”とはよく言ったものですが、しかしこれが国民生活を脅かし、国を崩壊させるほどのリスクを含んだ”暑さ”であれば、ことは看過できないもので、私達の生存権、或いは生命権に関わる危機であることは主張しきれないものです。

韓国で次々起こる原発事故。でも日本人は誰も知らない

先日NHKニュースの”日本から韓国への旅行者数が減っている”という報道では”韓国にはまだまだ知らない良いところがある”で締めくくられていました。しかし”韓国では長年にわたって福島原発と同様の原発事故が相次いで起きている”ということには一切触れられていません。いまは情報についてはたいへん恵まれているので、いくらメディアがなんらかの意図を持って情報操作を行っても、ある程度漏れてきます。ですので「韓国 原発事故」あたりで検索すれば、多くの情報を得ることができます。その時、日本人はみな驚くような原発事故の多発に”本当?”というような反応を示しますが、大量に漏れているのが情報ではなく放射能物質であれば、ことは重大です。

そんな韓国で6月16日原発から重水が大量に流出して29人が放射能物質を浴びる事故が発生したようです。またかということですが、場所が慶尚北道慶州にある月城原子力発電所らしく、だとすれば対馬までは150キロ(東京-静岡くらいか)、福岡まで280キロ。福島原発から東京までが270キロと考えれば海を挟んだだけの現状がどれほど危険か想像がつくと言うものです。

風評被害が起こると言うが…

以前、メディア関係の知人にこの疑問を投げたことがありますが、彼は社内ではその手の情報や発言を報道すると風評被害が起こるという共通認識があるというのですが、「メディアが風評など気にもかけていないのは、森友・加計学園問題だけでなく、ありとあらゆる報道内容を見ても明らかでは」という指摘には”分かってくれよ”と繰り返すばかり。当然、他の意思が働いていることは間違いはなさそうです。しかしそのようなことは些末なことで、現実には対馬で生活しているかたや広く西日本の人々は、PM2.5だけでなく、それよりももっと深刻な放射能被害に脅かされ続けている。そしていままた重大な原発事故の前に助けが必要であるという現実には、背は向けられないものです。

このブログでは再三言っていることですが、このような事態になっても日本人は我慢強い(?)のか、自分に災難が降りかかって来てもなお、すぐに諦めてしまう癖をもっているようです。下の図は韓国・古里原発3号機の使用済み核燃料貯蔵プールで火災、爆発が起きた時の放射性物質セシウム137の拡散状況に関するシミュレーション結果ですが、細かい解説など不要でしょう。そして今も韓国では日本海沿いに次々とこうした不良原発を作り続けています。  中国も同様でしょうが、そもそも中国は事故を起こした電車車両をすぐにばれるにも関わらず地中に埋めてしまうような国体ですから、このようなものすら出してきませんが、日本全土は韓国、中国、北朝の稚拙な原発被害の放射能の捨て場として位置しているのです。

何をされても愛想笑いをしている時代は終わっている

戦後、平和とか経済という極端な価値観を植え付けられたせいか、日本民族は変質しているかも知れません。私達が学べる我々の祖先の行動規範や倫理観は今の日本ではなかなか得ることが困難になっています。大きな力に踏みつけられても、相手が大丈夫?と笑顔で接してきたら、微笑みを返してしまう。或いは悪いのは○○だと言われたら、自分で考えもせずに受け売りをして行動する。そんな民族になりかけています。しかしあえて今、「そんな時代は終わっている」と言うべき時がきていると言えるでしょう。今は戦後の日本の体制が終焉を迎えて、私たちは我々の子孫のためにも存続可能な新しい国体を築く必要があります。それはこれまで戦後70年の否定でなくては起こり得ません。

これほど重要な原発事故を報道しない国営放送に受信料を払い続け、そんなメディアの捏造報道を受け売りしたり                       もう崩壊している年金制度を維持するという明らかなその場しのぎに納得したり                                    数が多い、公務員や高齢者だけが選挙の票のために過剰に優遇される現実に見て見ぬふりをしたり                           無駄な補助金や訳の分からない外郭団体という溝に税金をじゃぶじゃぶ捨てられても気に掛けなかったり

そんな時代はすでに終わっていることを自覚しなければ、日本は新たな時代を築けず、次の100年の深く不毛な眠りにつく事になるのでしょう。

 

-陽は昇る 私的日録, 明日の読み方, 私達の暮らし・政治と社会
-

Copyright© 明日を読む , 2019 All Rights Reserved.